みなと舎の看護師・支援スタッフ求人採用サイト

 

メッセージ

 

メンバーさんは「救われた奇跡の存在」。

その人生を、最大限楽しんでいただくお手伝いをしませんか?

●理事長 飯野雄彦

社会福祉法人みなと舎施設『ゆう』が誕生してから17年。私たちスタッフは、「本人中心」の考え方の下、メンバーさんから生きることの大切さを学び、たくさんの喜びを頂きながら、笑いあり、涙ありの、にぎやかな毎日を送って参りました。

障害は、一時的な病気ではなく、その方の人生の中にずっと続いていくものです。障害のある方々の人生を、ワンポイントではなく、トータル的に支えていく考え方を、私たちは「人生支援」と呼んでいます。医療の役割は、病気の治療だけではなく、この「人生支援」にもあると思います。特に重症心身障害者と呼ばれる方々は、小さい頃から医療に頼ることが多くありました。命は永らえたけれども障害は残った。そのような方々を見ていると、病気の治療だけではなく、むしろ、それが落ち着いた後、「どういう人生を送っていくのか」。その部分を支援していく必要性を、強く感じずにはいられません。

「命を救えたけれど、人生は救えたか?」
「何のために命を救ったのか?」
これらの問いに一つの形として答えるべく、みなと舎では、2014 年春、重症心身障害児(者)のための入所施設『ライフゆう』をオープン致しました。専門的な医療のサポートを必要とするメンバーさんのため、「人生支援」という、医療のもう一つの役割を実践する場として、新たなチャレンジを続けて参ります。もし「人生支援」に関心のある看護師の方、または看護師を志す方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度『ライフゆう』の扉を叩いてみてください。そこには、私たちの人生に、私たちが与えるよりも、もっともっと大きな価値を与えてくれる、メンバーさんたちが待っています。

 

2015年7月


必要なのは、

「志」と「優」しい気持ちだけ。

●ライフゆう 施設長(医師) 林なおみ

医療と教育が一緒になった療育の場が障害児の発達を支えてきたように、ライフゆうでは医療と福祉が一緒になって、重症心身障害児者の方の豊かな生活と人生を支えていきたいと思います。障害が重いから発達が遅れているからと、いつまでも不当に子ども扱いされたりしますが、数十年間、障害と共に、家族や援助者ととも歩んできた障害者の方は、年輪の様な独自の美しい陰影を重ねて、立派な人格を形成しています。一人ひとりの人格を尊重して、医療は必要な時だけ、控えめにお邪魔するだけで、毎日元気に楽しくすごしていただくお手伝いをしたいと思っています。
私は長らく小児科医として地域医療に取り組む傍ら、在宅の障害児とその家族に外来医療の部分で係わってきました。地域と施設で場所は異なりますが、生活を支えるための医療という点では同じ仕事をしています。どんな仕事でも続けるのは大変ですし、最初から楽しい仕事なんてありません。でもこの職場は仕事を楽しくやっている人が沢山いて、優しい気持ちを保ちながら働く事が容易にできる場所です。
このホームページに出会ったあなた。障害のある方のために働きたいという「志」と「優」しい気持ちがあれば、職種や経験は問いませんから、一緒に働いて見ませんか。
 
2015年7月

あなたなりの視点で、

メンバーさんの想いをつかまえて!

●ライフゆう 看護婦長 番場清美

ライフゆうが開所して一年、開所当時28名のメンバーさんがライフゆうに住まいを移されて季節はめぐりました。
初めての春はメンバーさんもスタッフも慣れない同士、時間ばかりが気になったものです。
それでも少しずつ「ゆう」への通所やお出かけにも時間が共有できるようになり、夏が過ぎ、秋がめぐり、この地で初めての冬には毎日スタッフのマスク面顔でメンバーさんたちにはどう見えたでしょうか。スタッフが時間に追われる毎日にも関わらず、メンバーさんたちはゆっくりと豊かな表情でスタッフに接して下さいました。
年が明けてメンバーさんのお一人が病気で他の病院に入院されました、再び戻られることを願いましたが叶わず3月に天国に召されました。瞳の表情が豊かな、笑顔の素敵なレディでした。
そしてこの春、ライフゆう住人は32名となりました。
メンバーさんはスタッフが見守る夜を経て、朝にはスタッフを迎えて日中を過ごし、時間が来るとスタッフを見送ります。
スタッフの役割はここの住人のメンバーさんを支える事。メンバーさんは言葉では伝えられない想いを自分なりに表現しています。その想いを知り、支える為に、いろいろな職種のスタッフが必要です。
メンバーさんはスタッフを選ぶことは出来ませんがここにいるスタッフは選んで来ています。メンバーさんの豊かな人生を支えたくて、スタッフ自身が豊かな人生を送りたくて、メンバーさんの所に集います。
スタッフがそれぞれの視点で、一人のメンバーさんの想いを図り、存在を確かな時間にできる支援ができるようになりたいと思います。
 
2015年7月

ページトップ

重症心身障害児者の暮らしを支える
看護師と支援スタッフを募集しています。
社会福祉法人みなと舎
ゆう
〒240-0104 神奈川県横須賀市芦名2-8-17 TEL:046-855-3911 FAX:046-855-3912
ライフゆう
〒240-0107 横須賀市湘南国際村1-4-6  TEL:046-856-6833 FAX:046-856-6834